読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の人生が映画なら

今日はどんなシーンに宛てようか

秋田CRAVAN MUSIC FES 2016 1日目

ライブレポ 高橋優 acmf
フェスが終わって1週間、放心状態で何も書けず…だったのですが、だいぶ落ち着いてきたので忘れないうちに残しておきます。
レポというか備忘録的なものなので、悪しからず…

初秋田入り

前日金曜の仕事終わり、秋田空港着。秋田滞在中は横手のホテルに連泊だったので、優さんが生まれ育った地に泊まれる!と気楽に考えていたのが甘く、一番困ったのが交通手段。
空港連絡バスを使うと、逆方向の秋田市まで一旦行って、そこから横手市へ向かうというなんとも遠回りルートの為、今回は乗合いタクシーでとりあえず大曲駅まで行くことに。

乗合いというだけあって、他のお客さんもいるのかな、秋田弁の会話が繰り広げられたらどうしようとドキドキしていたのに、タクシーの運転手さんの2人きり。それはそれで寂しい。

ひたすら真っ暗な道路。よく運転出来るなあ…と思いながら、ずっと空を見てたんだけど、星がとても綺麗だったから思わず車停めてもらえますか?と言いたくなったくらい。

最近の遠征といえば、札幌よりも割と大きな都市に行くことが多くて、何度行ってても毎回ギラギラしたネオンにワクワクしたり、人の多さに緊張したりするのが当たり前だったけど(田舎っ子丸出し)、秋田は全然違う感覚で、何だかおばあちゃんの家に遊びに来たような感覚になったり不思議な感じ。

優さんを好きになってからというものの、初めて訪れる場所が多くて、いつも新しい経験をさせてもらってるんだけど、また今回も新しい何がが始まるなあ…と、この時点で既にうるうる。

1時間弱で大曲駅着。
運転手さんに、誰か迎えに来るのかと聞かれ(バリバリの秋田弁で喋られる中なんとか聞き取れたやつ)、いやこの後横手まで行くんですーなんて話したらびっくりしていたけど、そっかこんな時間に迎えもなしに女1人でいるの珍しいよね…。
そして、大曲駅で横手行きが来るまで確か40分ほどの待ち時間。長い。

やっとの思いで着いた横手駅は、思っていた以上に大きくて綺麗で。
ちょうど東京からの新幹線で来た方たちも結構いたため、急に優さんファンで賑わう構内。
ポスターもたくさん貼ってあって、ああいよいよ始まるんだなあとわくわく。4月に発表されてまだまだ先だなあなんて思っていたのに、あっという間だった。
駅から徒歩5分程のホテルに向かい、この日は友達と軽い前夜祭をして就寝。

来年からもフェスに参加するとすれば、この金曜夜に移動パターンが定着するのかな。
札幌の家を出てからなんと5時間かかりました。もしかしたら横手はまだ近い方なのかもしれない…まあいい来年のことは来年考えよう…


入場前

リストバンド交換前に並び始め、8時頃に太陽が上がり始めてから、一気に暑い。びっくり。それなりの暑さは覚悟していたつもりだけど、2日間とも予想を遥かに上回る暑さ。こりゃやばいぞと思いながらも、ただただ待つ。
レジャーシートと帽子と冷たい飲み物必須。

黒の通年Tシャツを着るつもりで持ってきてしまっていたため焦げると思い急遽白のフェスTと、日除けのためにフード付きタオルを追加で買ってしまう。それもこれも暑さのせい。財布も暑さでゆるゆる。優さんずるい。

1日目に終わらせておきたかったFCの更新、ステッカーの交換、CD購入も開場前に無事に済ませる。
タイミングによっては、思っていたよりも混んでない。2日目はもっと空いてたかな。
FCは、どうやら2018年6月まで更新したことになったようで。あと2年秋田に何回来れるかな。楽しみがいっぱい。

列に並びつつも、友達も交代で各所写真撮りに行ったり、ババヘラアイス食べたり、結構時間潰しになることがあって、良かったなと思う。
たとえ1人で来てても、前後の人と上手くお話出来れば、場所取りは問題なさそうだった。

入場前の会場外にも食べ物ブースがあるのは結構便利だなと。が、2日間通して、かき氷以外ほとんどまともなフェス飯を食べられず。混んでいたわけじゃなく、暑すぎて食欲減少。かき氷は計4回くらい食べる。空きっ腹にビールは1杯で我慢。
横手やきそばや、稲庭うどん、そうまのラーメン、食べたいのたくさんだった。(麺ばっか)
おもてなす気満々なのが伝わってくる今回のフェス。地元の企業に出店してもらってるから必然的にそうなるのだろうけど、秋田県外から来てるファンのことも考えてくれているのかなと嬉しくなった。気持ちと体力に余裕があったら、もっと堪能したい。
ローカリズムもブースで写真も撮ってもらって、ステッカーも貰う。
入場時に配られたフェスの案内冊子も中身がとても充実してて、今回記念になるようなものがたくさんで嬉しい。


ライブ本編

ライブ開始前に、林卓による注意事項VTR。ゴミ分別、盗撮禁止、未成年の飲酒禁止、飲酒運転禁止、周りの人に迷惑をかけない等、結構長い。これ、ジャニーズでは結構当たり前に流れることが多いライブ前の本人出演による注意事項VTRだけど、普通のアーティストでは珍しい…?ましてやフェス。新しい試みなのかなあ。
マネージャー2人もまさかの出演で、なにこの身内感!ギャラ節約なの!?って感じだけど、分かる人には分かるこの仕掛け楽しい。
Sマネは、スマホで盗撮する林卓の前でノッてるお客さん役。
Iマネは、林卓のぶんぶん振り回すタオルにぶつかりまくるお客さん役。
なんかいいチームだなあ、とほこほこ。
飲酒運転禁止の場面で、Iマネと取っ組み合いになるシーンで、林卓が頭を揺らす動きがあったんだけど、あの不気味さが今も脳裏から離れない怖い…林卓のトラウマやめて…

同じ秋田出身ということで、佐々木希さん、壇蜜さん、柳葉敏郎さんからのメッセージVTRも!これにはびっくり!柳葉さんの時の会場の歓声が凄かった。
秋田県知事と、横手市長の挨拶と超神ネイガーの寸劇があって、いよいよ優さん登場。

白のフェスTに、紺色ジャケット!うんもうなんでそれ着ちゃうの暑いだろ!ばか!って感じだけど、なんかキリッとしてて、秋田音楽大使感がすごい。この人秋田背負ってる。かっこいい。
歌ってもいいですかー!!の声にドキドキ。
1曲目は、ギター1本で「HITO-TO-HITO」
オープニングにこの曲持ってくるとは思わなかったので、びっくり。ああここはやっぱりホームだ…と感動。
歌い終わりに上手側に、使っていたピックを1枚投げる。いつもの黄色いピックではなくて、白地にフェスのロゴ入りの今回オリジナルのピック。


チームしゃちほこ

コラボフラグが出てたのでドキドキしながら1組目のしゃちほこちゃん。unbordeフェスで一度見たことがあったので、知っている曲も何曲かあって楽しいし、可愛い!
なによりMCでも優兄さん優兄さん言ってくれるのが本当に可愛い。

で、このフェス一発目のコラボが、「抱きしめてアンセム」ですよ!!!
何度でも言うけど、このあと怒涛のコラボ祭りが続くとはまだ夢にも思わず、一発目がこれですよ!!!

普段優さんのライブ見てて、きゃー!!なんて声に出して言うことないんだけど(心の中では言ってるけど)、紺色の甚平にカラフルなリボンたくさん引っ付けて、しまいには頭に大きな赤いリボン付けて出てきた瞬間あちこちから悲鳴。なにやってんですか!!!!恥ずかしがるんじゃなくて、なぜか堂々としてたのも面白い。

\優兄さんのダンスデビュー見たくないですかー!?/
しゃちほこちゃんの煽りも最高。
ゆるくコラボして踊るくらいかと思ったら、ガッツリ踊る!!前半びっくりするくらいキレがいい。(しかもなんかオタ芸っぽいのが妙に似合う………)
後半はバテバテながらもちゃんと踊ってる。歌い方はモロに高橋優なのに、曲に合ってるのも不思議すごい。
舌をべーっと出して変顔キメ顔したり、顔を左右にフリフリしたり、指でキツネ作ってチューしたり、可愛い……とにかく32歳可愛い……
暑さも相まって、踊ってないわたしが既に倒れそうに。
なにがすごいって、しゃちほこちゃんの一歩後ろで踊るんじゃなくて、ずっと優さんセンターで、周りの子達の振りを見るわけでもなく、完璧に振りを覚えてる。すごい、この人すごい。
かっこいいかわいい通り越して泣きそうになる私。
幼稚園の初めての学芸会で、我が子の晴れ舞台を一瞬たりとも逃さまいとムービー撮る親の気持ちが分かった気がする。(?)

後日談だけど、ダンスは流石に出来ないんじゃないかって周りのスタッフに言われて意地になって、いつもはギターを持って行って練習してるスタジオに、身体ひとつで行って、何時間もyoutube的な映像見ながら1人でダンスの練習をしていたって話聞いたら、ほんとこの人偉いなと。
アーティストだから踊らない選択肢もあるのに。どうしたら盛り上がるか?その可能性のひとつを決して自分からは捨てない人だから、ここまで来れたんだなって。秋田で主催フェス出来てるんだなってもういちいち泣きそうになるので感情が忙しい。

あと、しゃちほこちゃんのファンの方達がとても優しかった。コラボで歌い始める前に、優さんがしきりに、ファンの方ごめんなさい!ちょっとだけお邪魔します!って言ってて、どうなるかな〜ってちょっとドキドキだったんだけど。
推しが歌うときに、それぞれファンの方が、推しの名前呼んだりぴょんぴょん跳ねたりするのが定番みたいなんだけど、ちゃんと優さんが歌うところで、\優さーん(ちゃん?)/って叫んでくれたり、ジャンプしてくれたりしてて嬉しかった。

歌い終わって、優さん加えた全員でちょっとMCしてるうちに、しゃちほこちゃん達が、ねえどうやってしめればいいんだっけ?ってザワザワしだしちゃって、
その時の優さん「決めていたやつあったでしょ?」って急に出てきたお兄さん感!!ここ密かに、かっこいいポイント!!

チームしゃちほこ「ちっちゃくたって名古屋嬢!チームしゃちほこと〜?」
優さん「秋田の俺ー!!」(前のめり気味)

秋田の俺ってなんだよ可愛い。

1人だけ汗だくの優さんに、しゃちほこちゃんたちが優兄さんこれ使ってください!って、手に持っていたフェスタオルを次々に優さんの肩やら頭やらに適当に乗せていって、タオルいっぱいで立ち尽くす優兄さん1人ステージに置き去りにして、そのままはけていくのが面白かった。
※抱きしめてアンセムは、即ダウンロードさせていただきました。


どぶろっかーず

当たり前のようにステージに登場する優さん見て、ここで気付く。もしかしてこの人全員とコラボする気………?チケット代足りてる……?追加料金発生する……?35度近い灼熱の太陽の下、若干の目眩。

コラボは、\ナオトインティライミと間違えてるんじゃないの〜?/
みたいなネタだったような……

もしかしてだけど〜を秋田弁で、
\もしかせばだけども〜/
って言わせてるの楽しかった。

衣装はちゃんとお着替えしてて、どぶろっかーずさんとお揃いの白シャツで、胸元ボタンはだけver.とサングラス。
面白かったのが、歌い終わったらそそくさと胸元のボタン閉めて(早い)、いつものメガネに取り替えてたところ。
いつもの高橋優に戻ったところで、司会の高橋航さんと鳥海ステージの説明してて、ああちゃんと司会のお仕事もしてるし、やばいこれは本当に出ずっぱりなんじゃないかと私も覚悟を決める。


藤原さくら

リハからフルで1曲。初めてライブを生で見たんだけど、あんまり客席に媚びすぎない自分の芯みたいなのがあって、一緒に手拍子して盛り上がろう!みたいなタイプではないんだけど、確実に歌声で引き込む強さを持ってるなあと。

コラボした「500マイル」、2人の歌声がとっっっっても合ってるから鳥肌が止まらなくて、びっくり!!
優さんの切なくて強い歌声が綺麗に伸びてて、広い青空に響く。
アミューズフェスで共演はしていたものの、ちゃんとギターを弾いてコラボしたかったという優さん。お互いアイコンタクトしながら歌ってるのも良かった。
音源だけでもいいから欲しいなーって思うくらい本当に素敵なアーティストコラボだった!!!
さくらちゃんのサポメンでもある池窪さんが紹介されている時に、優さんも手を振ったんだか、お辞儀したんだか忘れたけど、いつも一緒にいる2人がなんかやってて可愛かった。


福田彩乃

発表された時点で分かっちゃいたけど、得意のモノマネ大連発!!
白衣に、フレーム無し眼鏡(ガリレオの時の福山雅治さんのモノマネ。似てない。)で登場した時はドキッとした!!!A1ブロだったので、ステージもモニターもハッキリは見えなかったんですけど、ドキッとしたー!!!
フレーム無し眼鏡は、福笑いのMVみたいなやつだったけど、自前なの………?なんなの………?かっこいい!!
福田彩乃さんの、スペシャルゲストですー!の紹介で出てきたんだけど、
優さん「実に面白い」
福田彩乃さん「ニセモノー!」
優さん「さっぱり分からない」
のやり取りが上手すぎて笑う。

覚えてる限りだと優さんがやったのは、福山雅治武田鉄矢、さかなくん、アナゴさん、カバオくん、稲葉浩志森山直太朗、ニワトリ。
わりと終始福山さん推し。
最後のニワトリは、福田彩乃さんにレクチャーしてもらって、優さんも真似するも、「ぐえっ…!ぐぁっ…!」みたいなちょっとやばいニワトリの声を苦しそうに出して出来ずに終わり、一体わたしたちはフェスでなにを見せられてるの…可愛い…状態。


ファンキー加藤

これぞ夏フェスだー!!っていう感じのアツさ!!めちゃくちゃ楽しかった!
「今日暑いですね!ファンキー加藤を見て不快な気持ちになった人も休んでいいから!」ってもう馬鹿正直に楽しい人。ファンモン時代の曲もやってくれたので知っている曲ばかりで、跳ねて、タオル回して、跳ねて跳ねて…みたいな。

ステージ上にドリンクのペットボトルが6本くらい置いてあって、そんなに出演者いたっけ…?って始まるまで疑問に思ってたんですけど、ライブ始まって納得。
ファンキーさんの動きが激しい。水分補給も豪快だから、飲む度にペットボトルが転がりまくるし、客席にも飛んでくる。
1曲終わるごとに倒れこむ勢いで、(というか倒れこんでた)酸素吸入しながら、全力で歌ってて、ああこの人何に対しても真っ直ぐなんだなあって。

優さんコラボは、「告白
しかもギター持ってきたよこの人!ま!じ!か!と!
個人的にちょっと思い入れのある曲だから嬉しくて!!!
最初の歌い出しで、ちょっとギターがズレちゃうんだけど、キーボード?弾いてる方のほうに振り返って、目を合わせながら弾いてるのが印象的だった。

コラボは滅多にしないらしいファンキーさん。
貴重なコラボを引き受けてくれて本当に嬉しかった!優さんの書く歌とはまたちょっと違う真っ直ぐなアツイ歌を聴けて泣きそうでした。

あんなど直球に、「大好きだ 大好きなんだ」なんて歌われたら!!!「やっぱ大好きしか出てこない」って返したいです!!
好きだ…ああ、好きだー!!


BEGIN

イヤササ♪ハーイヤ♪とかカチャーシー踊って、まさか秋田で、ここまで沖縄気分になるとは思わなかった!
まず、ボーカルの栄昇さんが、最初の登場でいきなり零さないようにそーっとビール持って歩いてくる時点でジワジワ面白い。
いつ飲むのいつ飲むのと思ってたら、オジー自慢のオリオンビールという曲で、一気飲み。
ライブのお決まりなのかな?
今回はオリオンビールじゃなくて、アサヒビールだったけど、石垣でもアサヒビールよく飲むよとか言ってて面白い。

というかMC全般が面白い。訛りが強くて正直何を言っているかよく分からない部分もあったんだけど、その度に客が、フゥ〜!って煽っててなんかもう楽しい。フゥ〜!って流行らせたいわけじゃないからね?って栄昇さんが言ってるけど、言われると満更でもなさそうな感じで可愛い。
アサイーボウルって知ってる?でも今から曲の中で説明するから、アサイーボウルの説明はしないからねとか、
ここの歌詞暗いから飛ばしまーす、とか終始自由な感じが心地いい。
「石垣でもし困ったら、道端でカチャーシー踊ってください。そしたらきっと島の人がすぐに(頭)大丈夫ですか?って話しかけてくれるから。」って言ってて、もう楽しすぎる。

コラボは、優さんアロハシャツ。
沖縄に行った時にBEGINさんから貰ったという、おさがりの一五一会(BEGINさんが作ったギターと三線を合わせたような楽器)を持って登場したんだけど、ここでサプライズ。新しくオリジナルで作った黒の一五一会をBEGINさんから優さんへプレゼント。最近よく黒いギター(TAKAMINEのこと?)を弾いているから、黒にしたとのこと。

本当にサプライズだったようで、驚いてる優さんが可愛い。コラボの「笑顔のまんま」は、その貰った一五一会を弾いたんだけど、最後ステージからはけている最中にスタッフに一五一会渡す時も、改めてまじまじと見てて、その顔がもう新しいおもちゃを買ってもらった男の子って感じで可愛い!!!まだステージ袖じゃないよ!!我慢できてないよ!!見えてるから!!

優さんの石垣ロケの話もしていて、それまだ内緒のやつー!って優さん。FC企画で行かせてもらいました、と改めてコメント。

その時にBEGINさんと対談もさせてもらって、深夜まで石垣の浜辺でビールを飲みながら語り合ったらしく、もうそろそろお酒は…って断った優さんに、じゃあこれと言って渡されて水だと思ってずっと飲んでたのが泡盛だったらしく、相当酔っ払ったと。
そのあと、浜辺にメガネ置きっぱなしにして忘れそうになってたらしい。
でもビールからの泡盛だなんて本当に相当お酒強くなったんだね。早く一緒に飲もう。
そして、その謎のFC企画を早く発表してくれ。


青木隆治

フェスとか出るんだー!ってびっくりしたけど、モノマネやる時点でこのフェスは特殊なんだった。モノマネ40連発とかでもう何が何だかって感じだったけど、全部似てたから本当にすごい。
優さんのモノマネで、福笑いも流れて、え、そっくりじゃん!?!?ってどよめいたんだけど、まさかの口パク!本人の前では出来ないよ〜!って謙遜してたけど、練習はしたらしい。
試しに披露してくれたのが、鼻つまんで福笑い歌ってて笑った。鼻詰まってる歌い方って訳じゃないからね!って弁明してて面白かった。

ここでは、武田鉄矢さんのモノマネのコツをレクチャーしてもらった優さん。みんなでやろうってことになり、何故かフェス会場全員で武田鉄矢さんのモノマネをやる。贈る言葉の曲に合わせて、首左右に振って、ぐるっと回して、みたいな。もう謎すぎて楽しい。
去り際に、青木さんに対して「超イケメン…」ってボソッと呟く優さんツボすぎた。


高橋優

  1. 素晴らしき日
  2. イオニア
  3. 太陽と花
  4. 生まれた理由
  5. 光の破片
  6. BE RIGHT
  7. 泣ぐ子はいねが
  8. 明日はきっといい日になる
  9. 福笑い(出演者全員)

よーーやく待ってましたの高橋優!!!!
一日中コラボで出ずっぱりだったけど、やっぱり、いよいよ高橋優のライブが始まるというワクワク感が爆発しそうだった。
登場するまでのBGMからもう鳥肌!

登場して、ステージギリギリの所に立って、長い長いお辞儀。つむじが見えるんじゃないかってくらい深くお辞儀をしていて、顔を上げた時は泣きそうにも見えた。

このフェスが発表されて、正直前日までどうなるんだろうって不安で仕方がなかったけど、きっと優さんはそれ以上に色んな苦労や葛藤や努力があって、ようやく迎えることが出来た1日だったんだろうな。いま彼が見てる景色は素晴らしいんだろうな、どんなこと思ってるいるのかなと考えると、歌い始める前から、私も涙目に。

1日中白フェスTだったのに対し、自分のライブだけ赤フェスTを着てきて、いくぞ横手ー!!!なんて盛り上げる優さんは、どのコラボの時よりも、力強くて、男前で、頼もしくて、まさに主催者の貫禄だった。

1曲目に選んだのがデビュー曲なのもいい!
きっと、色々考えて1曲目に選んだんだろうな。今まで聴いた素晴らしき日常の中で一番力強くて心に響いた気がした。
イオニアと太陽と花で、もう一気にテンション上がる!あああかっこいい!!!!!!楽しい!!!!ってもう汗と涙で訳がわからない。

生まれた理由は、絶対歌うと予想してたんだけど、正直初めてCDでこの曲を聴いた時はしっくり来なくて。でもこの横手の地で聴く生まれた理由は、本当に本当に温かくて、とってもいい表情で歌ってて。この曲を書いてくれてありがとうって素直に思えた。

「ねぇ僕は今幸せさ」の部分がもう!!!はい、ここ泣くところ!って言ってるの!?ってくらいの!!!良さ!!!短いフレーズだけど、歌詞ひとつひとつを大事そうに、そして客席を見渡しながら、この日1番の笑顔で歌うもんだから、ここはもう2日間とも泣いた。
つくづく自分ちょろいなと思うけど、私も優さんを好きになれてこのフェス初主催の初日の場を一緒に経験出来て、今幸せだよって気持ちでいっぱいに。

光の破片は、初めてライブで聴いたんだけど、それがこのフェスで良かったなと。日差しと、優さんの歌声が相まってすごく綺麗。
「一人きりでは叶えられない景色」の歌詞が、この場で聴けたことに対する嬉しさがやばい。
今回のセトリ、一見普段通りな感じもするけど、ひとつひとつの歌詞が本当に沁みて、まさにこの一瞬、この景色のことを思いながら歌ってくれているように感じられたから、本当に素敵だった。

BE RIGHTで、また盛り上がる。
「そのドアノブをガチャっとさあ」何回聴いても楽しい!!!フェス終盤で歌う「今日を迎えられて本当良かったと」って歌詞も涙が出た。いちいち、良かったね本当に良かったねってもう保護者かってくらい感動する。

そのままの盛り上がりのまま、泣ぐ子はいねが。いつものフェスだったらここで、高橋優を知らないお客さんも一緒に盛り上がるぞ!?叫ぶぞー!?俺はこういう男だー!!ってアウェーの中始まるのに、「この曲はここ横手で歌うために作ったと言っても過言じゃない!」って言ったとおり、超ホーム!!当たり前にすぐ盛り上がる!!
すぐにステージ降りて、アリーナ走りまくる。が、速攻優さんを見失う私。この時の、こじさんの盛り上げ方が大好きなので、こじさんタイムでした、ごめんなさい。でもおかけでずっと楽しい。

無かったことには出来ないから書くけど、ステージに戻ってきたら、左腕の手首と肘の間を傷付けたらしく、たらーっと太い筋で腕を伝う真っ赤な血。
赤いTシャツなのに分かるくらいTシャツにも血がついてる。何事もなかったかのようにステージ戻ってきて、歌い続けてて、終盤は心配する声が止まなくて。
曲終わりで、後ろに振り返ってタオルで乱暴にゴシゴシっと拭いてライブを進めようとしてたけど、血は止まらないし、駆け寄って処置しようとするスタッフと、ザワザワと心配する声を制止するように、

「俺の左腕なんてどうでもいいんだ!!この腕
1本じゃ出来なかったことを、俺はいまやろうとしてるんだ!!」
って今まで見たことないくらい強い口調、強い目線で叫んでて。咄嗟のトラブルでこの言葉が出てくるのがすごい。

柵か何かに自分で引っ掛けたのか、誰かの爪が引っ掛かったのか分からないけど、後者だとしたらあってはならないことだし、美談にはしたくないけど、ああ好きになって良かった、この人について行きたい、応援したいって改めて思う瞬間だった。

明日はきっといい日になるは、すっかりライブ終盤の定番曲だけど、何度聴いても泣ける。サポメンさんの煽りもたまらない。
優さんが言う明日はきっといい日になるって絶対的な自信があるというか、聞いていて勇気付けられるんだけど、横手で聴くこの曲は一層強い決意みたいなものを感じられた。
まだフェスは明日もあるし、明日も絶対いい日になるけど、この一瞬が終わるのがとっても寂しくて仕方がなかった。

最後の福笑いは、ステージに全員集合で大合唱。
(スケジュールの都合上、どぶろっかーずさん、さくらちゃん、福田彩乃さん、BEGINさん、青木隆治さんのみ参加)
優さんも笑顔で、出演者みんなも笑顔で、私も笑顔で、なんていい空間なんだー!ってくらい幸せに満ち溢れていて。
各アーティストさんが今回それぞれのMCで話していたけど、優さんは名前の通り本当に優しい人で、そんな人柄だからこの温かいフェスが出来るんだって口々に言ってて、わたしまで嬉しくなった。
優さんだからこそ成り立って、開催出来たフェスなんだと思うと、本当に誇らしくて、嬉しくて、帰り際、わたしこのまま横手に骨埋める…とか言ってた気がする。
でも終わったあと、退場するまでの記憶がごっそり抜けてるんだけど、わたしどうやって会場出たの…?規制退場とか記憶に全くない…
1日目から放心状態だったけど、2日目はもっと恐ろしい。

シャトルバスで横手駅まで帰って、駅前で横手やきそばと、きりたんぽで打ち上げ。この日初めてまともな固形物を食べた気がする。
この後、深夜遅くまでラジオのお仕事だった優さん本当にお疲れ様でした。